ネットビジネスが軌道に乗るまでは仕事をした方が良いという話

こんにちは、ほうりです。

働きながら何かを両立させるのって、本当に大変です。
育児しかり、記事更新しかり、二次創作同人しかり。

ただでさえ仕事とその何かを両立させるには時間を捻出しなきゃできないのに、その天秤の上に更にもう一つやることを増やすとなれば、無限の時間が欲しくなるのもとてもよく分かります。

仕事=家事(育児)+ネットビジネス+二次創作同人というバランスで天秤が保たれている場合、収入があるなしに関わらず、ブラック企業でなくとも仕事をどうにかして辞められない物かと考え始めます。

ですが、実際自分がそうした立場になって痛感しましたが、ブラック企業で無い限り、ネットビジネスが軌道に乗るまでは仕事を辞めちゃダメだと断言します。

時間ができたことによる理想と現実


時間的余裕はあるのにやる気が根こそぎ奪われかけた話でも書きましたが、仕事がなくなればその分自由な時間が増えます。

頭の中では、夏休みを迎えた学生のごとく「早寝早起きして、家事をやって、それから宿題を片付けるがごとく記事を書くんだ!」と喜び勇んでいたのも束の間。

「どうせ明日も時間があるのだから明日やればいいや」という、文字通りの『明日やろうは馬鹿野郎』になってしまっていたわけです。

収入が途絶えてしまったことの不安

確かに仕事がなくなることによって、自由にできる時間は増えました。
そしてその分、ストイックに記事を書いていけると思っていました。

長期休暇の宿題とは違って、これで結果を出さなければ後がないというプレッシャーはありました。

しかしそれは記事を書くというやる気やモチベーションにはならず、収入が途絶えてしまった現実による不安や焦りを生み出す方向に向いてしまいました。

その結果、一日三記事どころか、三文字すら書けずに、無気力状態になり、ひたすら現実逃避をするように惰眠を貪りまくっていました。

メンターに相談して向き合えた一つの現実

幸い私は、ネットビジネスのサポート付きコンサルに入っていたため、メンターの人に相談しました。

その時にもらったアドバイス(時間的余裕はあるのにやる気が根こそぎ奪われかけた話参照)のおかげで、ブログを書くやる気と共に、収入が途絶えてしまっている現実と向き合えることができました。

自由になるメンタル維持のためにも収入を確保することを優先


ネットビジネスをやる人って、ほとんどが会社に行かないでお金も時間も自由になりたいという理由だと思います。

ただ、そこにたどり着くまでに時間だけが自由になっても、前に進むどころかその場で止まってしまい、下手をすればドロップアウトしかねません。

時間だけがあっても実際にやれたのは先述した通り、通り昼も夜も関係なくひたすら惰眠を貪りまくっていたことと焦りや不安による現実逃避。

これらの事から私はようやく、ネットビジネスで成功し、本当の意味で自由になるまでは収入を途絶えさせてはならないことに気づけました。

求人サイトの利用

現在はネットの普及から、多くの求人サイトに様々な仕事の情報が載っています。

将来ネットビジネスで食べて行くことを決めているなら、正社員は狙う必要はありません。

期間限定や長期間の仕事が選り取り見取りですから、よほど選り好みをしなければすぐに見つかるはずです。

逆に言えば一か月もの間、仕事が決まらなかったのは選り好みしていたせいとも言えます(苦笑)

ネットビジネスを軌道に乗せるまでの仕事は、やりたい仕事よりもできる仕事を選んだ方が無難です。

おすすめ求人サイト
【バイトル】バイト・アルバイト・パートの求人・仕事探し

タウンワーク

フリマアプリを利用する

ある程度貯金はあっても、あと1~2か月分の資金が欲しいという人は、メルカリやヤフオクなどで不要な物を出品するのもお勧めです。

「捨てる神あれば拾う神あり」という言葉通り、自分にとっていらない物でも他人にとっては喉から手が出るほど欲しい物だったりします。

いらない物はあるけれど捨てられないという人は、収入を得るついでに断遮離してみてはいかがでしょうか?

おすすめフリマアプリ
メルカリ

自己アフィリエイトをする

1~2か月の資金が欲しくても不要品がないという人は、自己アフィリエイトをお勧めします。

クレジットカードの申し込みや無料セミナー参加は報酬額が高めに設定されているのが多いため、上手く取り合わせればかなりの収入が確約されます。

また、ブログのネタがない場合、自己アフィリエイトで商品を購入して使用した感想を書いていけば、立派にブログの資産記事にもなります。

おすすめアフィリエイトサイト
A8.net

バリューコマース

ネットビジネスが軌道に乗るまでは仕事をした方が良いという話 まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネットビジネスで結果を出したい人は、お金や時間を自由に使いたいというのが最大にして最終目標だと思います。

ですが、そこに到達する前に、余裕もないまま収入が途絶えるのは、大海原で目的地にたどり着く前に船が大破したかのような不安と焦りが生まれます。

船が大破した後、泳いで目的地に向かうか救助を待って新たな装備を整え、再び目的地に進むかは、その人のポテンシャルにもよります。

私は単に目的地まで泳ぎ切るほど余裕がなく、途中で溺れたくないため、収入がない不安を取り除くため、仕事をすることを選びました。

これは諦めではなく、ネットビジネスで結果を出すための必要な道のりだと思えるようになるまで、とても長く遠回りしてきたと思います。

だけど、そのことに気づかないままだったら、私はきっとまたネットビジネスに背中を向けてフェードアウトしていったことでしょう。

時間があっても書けないことが証明された今、時間がなくてもとりあえずの収入がある状態で結果を出すことがベストだという事を覚るまで、必要な時間だったと今なら思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)