テレビ体操を3か月続けている母に倣った継続のコツ

こんにちは、ほうりです。

今回はほうりの母についての話です。

うちの母は3か月前から健康のためにテレビ体操をやり始めたのですが、これが途切れることなく毎朝続いています。

やっている本人も「まさかここまで続くとは思ってなかったわあ」と若干他人事のように驚いていますw

しかも家事をそつなくこなしつつ、時間になるとテレビの前にスタンバイをしてるどころか、その前番組である各言語の講座も見ている余裕っぷりです。

ちなみにハングル語の講座が一番面白いと言っていました。

何故母が3か月もの間テレビ体操を続けていられるのか、そのコツを聞き出したので今回はそれをまとめてみました。

母流継続のコツ①ダメもとでいいからやってみよう


テレビ体操は早朝6時25分~なので、何かと忙しいので時間帯のためぴったりにできないこともままあります。

トイレに行っていて帰ってきたら途中からだったというパターンも結構あったそうですが、母はそのことについて落ち込むでもなく途中からでもやったのだからそれでいいという考えをしています。

日本人はどんなにズボラだと言っても、根が真面目で一生懸命なため、これだけは極めたい!!という完璧主義なところがあります。

テレビ体操においても最初からやらなくては意味がないという強迫観念に取り憑かれてしまい、やったはいいけど諦めたという人も少なくはないでしょう。

母曰く「三日坊主まで行けたらしめたもの。あまり力まず適当にやるのがいいのよ」だそうです。

完璧主義にならず自分のペースで継続していく

この母流継続のコツを自身のブログに置き換えて考えてみます。

このブログも続けてきてそろそろ2か月弱になりますが、最初は「毎日のように更新してやるぜヒャッハー!」とか思っていました。

しかしいざ蓋を開けてみると、仕事で神経をすり減らして集中力が途切れたり、自分が納得のいくように書けない苛立ちがあり、今でも何かと悩みは尽きません。

しかしそれでも「もういいや、やーめた」と投げ出すという選択をしたらそれで終了です。


引用元:みんなで投票!スラムダンク名言ランキング

今受けているネットビジネスのコンサルティングでも「資産型ブログを作るためには、質よりも量、クオリティよりも継続することを優先しなさい」ということを教わっています。

・最初のうちは間は空いてもいい。
・そこで投げ出さずに継続していけるかどうかが成功の肝であるということ。

これらのことを学びながらこのブログを継続していますが、正に母がテレビ体操を続けられているコツと根本が同じだと思いました。

母流継続のコツ②その時間帯だけしかできないという状況に追い込むこと

最初のうちは母は、テレビ体操をやり逃した時のことを考えて録画していたそうです。

しかし継続1か月目くらいから録画はしなくなりました。

曰く「録画をするとそれに甘えてだんだんやらなくなるから」

過去にテレビ体操を録画して、「録画があるから今日はいいや」となりいつの間にかやらなくなった私としては耳と心が痛い発言です(^_^;)

同様に今はYouTubeがあるから後でやってもいいのでは?と言ったところ、それもまた甘えてやらない理由になるので却下との返事が返ってきました。

要はあえてやらざるを得ない状況を自ら作るということが継続のコツなんだなという事に気づきました。

時間があることに甘えない

こちらも自身に置き換えて考えてみます。

時間的余裕はあるのにやる気が根こそぎ奪われかけた話ネットビジネスが軌道に乗るまでは仕事をした方が良いという話でも書きましたが、時間があることに甘えているとかえって書けなくなります。

今現在、仕事をしながらブログを書いていますが、やはり休みの日は心身の疲労を回復したいのに重きを置いているため、平日に比べて時間があるという事から、思ったように執筆が進みません。

それどころか仕事に行く30分~1時間の方が、かえって集中できるくらいです。

更に言えば仕事が終わってからの執筆よりも、少しでも長く睡眠を確保し、少しでも早く起きて書く方が私的にははかどります。

無料・無期限のが齎すスパイラルにご用心!

人は、無料や無期限と言った言葉には弱いものです。

しかし

「どうせ無料だから上手くいかなくても仕方がない」
「どうせ無料なんだし期間が過ぎればまた頼めばいいや」
「どうせ無期限なんだから今日じゃなくて明日でもいいや」
「あー、今日もできなかった。でも無期限なんだし明日でいいや」

と言った堕落と甘えのスパイラルに陥ってしまいやすく、あまり良いことはないのではないかと思うようになりました。

ネットビジネスで成功するためのサービスは確かにできる限り長い方がいいですし、安価であればあるほどいいと思いがちです。

しかし、無料や無期限といった、期間が設けられておらず懐も痛まないサポートやサービスは、果たして本当に良いものなのでしょうか?

時間的余裕はあるのにやる気が根こそぎ奪われかけた話でも書いたように時間のみが無限にある状態では、やる気と時間が反比例していく状態になっていくので、かえって虚無感に陥りやすくなります。

この経験を踏まえた上で母の話を聞いたので、やはり何かを成し遂げるにはある程度の期限を設けたり懐を痛めて投資した方がいいという考えにシフトしていきました。

母から教わった継続の秘訣 まとめ


いかがでしたでしょうか。

ブログで収益を出すことに関わらず、例えばダイエットや習い事、始めたばかりの仕事等、結果はすぐには出てこない、継続するのが大事だということは声高に叫ばれています。

しかし頭では理解しつつも「継続して結果を出すのは凡人のすること。自分は非凡だから一発で結果が出る」と根拠のない自信に取り憑かれ、その結果何度も痛い目を見てきました。

このブログを始めて、結果が出るまで継続することが大切なことを学んでいた最中ですが、今回テレビ体操を3か月続けている母に継続のコツを聞いて、改めて結果を出すには継続が大事なんだという事が心で理解できました。

こうしてアラフォーになった今もまだ、新たなことを教わって気づくことが出来たので、生涯母には叶わないなぁとも思いました。

この母に報いるためにネットビジネスで必ず成功するという結果を出すために、これから先コツコツと継続していく決意を新たにして、頑張っていきたいと思います。

8月2日追伸:今日で丁度テレビ体操を始めて5か月が経過した母ですが、ついに出演している人が新人かベテランかどうかの区別がつくようになりました。

やはり継続は色んな意味で成長を促すものだなとしみじみ思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)