客室展望風呂と食事が最高!ホテルノイシュロス小樽でプチリゾート気分を満喫!

2020年7月5日

こんにちは、ほうりです。

先月、旅行サイトを眺めていたところ、Yahoo!トラベルにてホテルノイシュロス小樽の”【夕食・朝食付き】露天風呂付(窓開閉式)ポイント最大10倍 創作フレンチフルコース2食付プラン”が、「いまスグ利用」を利用して13948円(税込)で泊まれるとのことだったので即予約しました。

宿泊または旅行代金総額(消費税、オプション料含む)に対して付与される獲得ボーナスなど(TポイントやPayPayボーナスライト。以下、獲得ボーナス)のうち、Tポイント1%分を除いた獲得ボーナスなどを予約時に利用できます。(いまスグ利用)

Yahoo!トラベル 国内旅行ヘルプ

ホテルノイシュロス小樽は客室展望風呂や創作料理、立地条件など以前から気になっていたホテルでしたが、やはりそれなりに値の張るプランが多いです。

なので15000円以下で2食付きで泊まれるプランを発見した時は、このチャンスを逃してはならぬと思い、即予約して利用してきました。

感想は「許されるならもう一泊したい~(>_<)むしろ永住したい!」と地団太を踏むほど、食事もお風呂も景色も最高だったという事です。

そんなわけで今回は、客室展望風呂や創作料理の写真を中心に、ホテルノイシュロス小樽の目玉についてまとめてみました!

こんな人におすすめ

・喧騒から離れたホテルでリラックスしたい
・お部屋でのんびりとお風呂に入ってくつろぎたい
・海の見えるレストランでサンセットや朝日を楽しみながらちょっとリッチなお食事をしたい

ホテルノイシュロス小樽の目玉①客室でゆっくり入れる展望風呂

引用元:Yahoo!トラベル

ホテルノイシュロス小樽に泊まりたいと思っていた大きな理由としては、客室でゆっくりと入れる展望風呂があることです。

今回私が泊まった部屋はオーシャンビューダブル(禁煙)(ダブルルーム)でしたが、画像のようなタイプの客室展望風呂で、窓も大きく開閉でき、外からの涼しい風を取り込みながらゆったりと入ることが出来ました。

ちなみに客室展望風呂はチェックインに合わせたのか、既にお湯が張られており、湯船に白い蓋がしてありました。

蓋をしている時の写真は撮るのを忘れてしまいましたが、湯船も広いためこの蓋も割と大きく、お風呂に入る時は蓋をどかせる必要があります。

折り畳みが出来るタイプなので、フロントで確認したところ浴室内に立てかけても良いですし、好きなところに置いて入ってもいいとのことでした。

更に言えば展望風呂は常時お湯が細々と出しっぱなしなのでお湯が温くなるといったことはなく、文字通り24時間好きな時に好きなだけ温かい温泉を堪能することが可能です。

シャンプーやコンディショナー、ボディーソープは勿論、スポンジや椅子も設置されていて洗い場も広いので、悠々自適に客室でバスタイムを心行くまで楽しめます。

夕陽が海に沈むのを眺めながら、朝日が昇るのを見ながら、そんな最高のシチュエーションで入浴することが可能なのもホテルノイシュロス小樽の展望風呂の魅力の一つと言えます。

おしゃれなバスローブやアメニティも設置


ホテルノイシュロス小樽は展望風呂だけではなく、化粧水や乳液、クレンジングといったアメニティがボトルごと置かれていて、地味に感動してしまいました(笑)

ホテルノイシュロス小樽は展望風呂を堪能した後、すぐ隣の洗面台でスキンケアや髭剃りなどを行うことが出来、正に痒い所に手が届くサービスが行き届いていると感じました。


その他にもクラシカルなバスローブもきちんと設えられていて、ヨーロピアン的な雰囲気をじっくりと味わうことが出来ます。

勿論部屋着も用意されているので、好きな方を着てリラックスできるという選択肢があるのも嬉しいなと思いました。

ホテルノイシュロス小樽の目玉②ボリューム満点の料理とロケーション抜群なレストラン

引用元:ホテルノイシュロス小樽公式サイト

ホテルノイシュロス小樽の夕食と朝食は、レストラン『ブラウキュステ』で提供されます。

私が利用した際の夕食は、小樽・後志の旬の素材を使用した創作フレンチフルコース(リバージュ)でしたが、とても美味しかったです。

レストラン『ブラウキュステ』での夕食

料理が運ばれてくるたび料理の趣旨を説明してくれたのですが、

恥ずかしながらこういうレストランで食事をしたことが無かったため少し驚きましたが、

店員さんのプロ意識をひしひしと感じました(苦笑)

焼き立てパンとオリーブオイルとマーガリン。 お替わり自由で遠慮なく食べました


前菜の一つである”光る群来の海岸 波音響く祝津 鰊・帆立・サクラマス”
こちらに限らず、一品一品飾りつけにこだわりを感じる物ばかりでした。

メインである”ローストされた香ばしさ 輝く普遍の白 合鴨(チェリバレー種)・フォアグラ・ホワイトアスパラ”
小さなご飯が付いて来るとは知らず、パンを食べまくったことをちょこっと後悔しました(笑)


デザートの”花盛り 色鮮やかに 苺・デセールsakura・ガトーショコラ”
締めくくりに相応しく美味しくも可愛らしいデザートでした。

レストラン『ブラウキュステ』での朝食


朝食のメニューはコロナの影響で若干メニューが変わっていたらしいですが、それでもボリューム満点で美味しいことには変わりはなかったです。


バイキングも若干変更されており、サラダとパンはテーブルオーダー式になっていました。

焼き立てのパンを食べられてとても満足しました!


飲み物とデザート類はバイキング形式になっていました。

ロケーションも最高なレストラン『ブラウキュステ』


通された席は窓に面した場所で、海に落ちる夕日を眺めながら食事を取ることが出来ました!

余りにもきれいな景色だったので写真に収めようしましたが、逆光で何度も失敗。ようやくマシな写真が撮れました。


店内の飾りつけも春らしく桜のモニュメントで彩られていて、海と空を眺めながら綺麗な桜も眺められて目の保養にもなりました。

テイクアウトのサービスも行っているレストラン『ブラウキュステ』


ブラウキュステでは、焼き立てパンのテイクアウトのサービスも行っています。

チェックアウトの時間に合わせて焼いてくれるとのことなので、帰りの車内やバスでふんわり香るパンの香りに、楽しさの余韻が残るのは言うまでもないことですよね。

レストラン『ブラウキュステ』は、ホテルノイシュロス小樽の充実した時間の立役者と言っても過言ではないでしょう。

営業時間:朝食(7月~11月)7:00~10:00(ラストオーダー 9:30)  (12月~6月)7:30~10:00(ラストオーダー9:30)
ランチ(土・日・祝日のみ)11:30~14:30(ラストオーダー 14:00) ※当面の間、営業見合わせております。
ディナー(7月~11月)17:00~22:00(ラストオーダー 21:00) (12月~6月)17:30~22:00
(最終入場20:30、ラストオーダー21:00は同じとなります)

ご利用カード:VISA / Master / JCB / Diners / UC / SAISON/ DC / AMEX

喫煙に関して:すべての時間帯で禁煙となっております。

サービス料:10%

席数:70席(個室2室あり)

ドレスコード:なし

車椅子でのご利用:可

お子様の同伴:可

ペットの同伴:不可

引用元:ホテルノイシュロス小樽公式サイト

その他のホテルノイシュロス小樽の目玉について

スコーンのサービス


ホテルノイシュロス小樽は、宿泊者にウェルカムコーヒーとお菓子(プチスコーン)のサービスを行っています。

チェックインと同時にエレベーターホールの向かいにあるのを確認した私は遠慮なくお菓子を貰ってきちゃいました(笑)


夕食まで少し小腹が空いていたところだったので、このサービスはかなりありがたかったです。

雰囲気たっぷりなヨーロピアンの部屋

客室展望風呂も素晴らしかったのですが、何と言っても部屋の作りがクラシカルなヨーロピアンの雰囲気に溢れていて、どっぷりと非日常的な空間に浸れました。


部屋の扉。

こんな重厚な扉は見たこと無いと思わずつぶやいてしまいました(笑)


部屋のダブルベッド。

ベッドボードについている天蓋にロマンをかき立てられます。

残念ながらどうやって使うが判らなかったので、次回にチャレンジ!

窓辺のテーブル&椅子。

ここに座って眺める景色はいつまでも見ていられます。

部屋の窓から。

緑と空と海に囲まれた自然は偉大だなぁ。

ただ、夜の海はちょっと怖かったので眺めることは出来ませんでした(苦笑)

大浴場も利用できます

引用元:ホテルノイシュロス小樽公式サイト

ホテルノイシュロス小樽は地階に大浴場があります。

天然の海水を利用していてこちらもお肌に嬉しい泉質です。

岩風呂と檜風呂の2種類があり、朝5時に入れ替えを行うため、宿泊中に両方のお風呂を楽しむことができます。

客室展望風呂と岩風呂と檜風呂…お風呂好きな私にとってはまさしくパラダイスでした。

露天風呂には海に向けて大きな窓が設置されているため、夕日や朝焼けがバッチリ見ることが出来ます。

日帰り入浴も行っており、料金は800円(タオルレンタル300円)、時間帯は11時~17時(受付終了時間は16時)までです。

ご利用時間
ご宿泊のお客様
15時~24時迄 5時~9時迄
※男女の湯は5時に入れ替えとなりますので、岩風呂、檜風呂の両方をお楽しみ頂けます。

日帰り入浴のお客様
ご料金 お一人様800円
※受け付けは11時~16時までとなっております。
※タオルレンタル\300

大浴場「眺海」のご案内
ご利用時間 5:00~9:00・11:00~24:00迄(お風呂入れ替え制) (サウナは11:00~24:00迄)
【日帰り入浴】 ご利用時間 11:00~17:00迄 ご料金 800円(タオル別途300円)

引用元:ホテルノイシュロス小樽公式サイト

目玉がいっぱいのホテルノイシュロス小樽の行き方や注意事項

自力で徒歩で行くのは至難の業。無料送迎を利用しましょう。

引用元:じゃらん

ホテルノイシュロス小樽は別名”天空に浮かんだ城”と言われており、小樽市内のひと際高い場所にあります。

そのため訪れる際には無料送迎や車かタクシーの利用は必要不可欠であり、徒歩で行くとなるとかなり厳しいです。

ふもとには小樽屈指の名所の一つであるおたる水族館があり、小樽駅からおたる水族館までのバスは確かに出ていますが、そこからホテルノイシュロス小樽へ行くとなれば、かなりきつい坂道を登っていかなければいけません。

なのでホテルノイシュロス小樽に宿泊する際は、無料送迎を利用することをお勧めします。

人数に限りがあるので早めに予約をして下さいね。



引用元:ホテルノイシュロス小樽公式サイト

ホテルノイシュロス小樽周辺の設備


また、ホテルノイシュロス小樽の周辺はコンビニやスーパーといったお店はおろか、ホテル内には自動販売機以外の売店もありません。

なので、お菓子やお酒、おつまみを飲食しながら部屋でくつろぎたい場合は、前もってコンビニやスーパーに立ち寄ってから行くようにしましょう。

プチリゾート気分が味わえるホテルノイシュロス小樽について まとめ


いかがでしたでしょうか?

ホテルノイシュロス小樽では、日常のわずらわしさを忘れて心身ともにリフレッシュすることが出来ます。

その他にも6階には展望デッキがあったり、ホテルノイシュロス小樽から少し降りて行った所にある祝津パノラマ展望台で、見晴らしのいい景色を思う存分に楽しむことが出来ます。

小樽に行った際は、客室展望風呂やお食事、大浴場や雄大な自然の景色を楽しめるホテルノイシュロス小樽にてプチリゾートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ホテルノイシュロス小樽の宿泊は公式サイトから!
ホテルノイシュロス小樽オンライン予約

それぞれのニーズに合った旅行サイトからのご予約もお勧めします!

ホテルノイシュロス小樽
〒047-0047 北海道小樽市祝津3丁目282

引用元:ホテルノイシュロス小樽公式サイト

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村


旅館・ホテルランキング

宜しければofuseをお願いします→ほうりへのOfuse