お昼寝に最適!ちょい寝ホテルデイユース「ちょい寝DAY」レポ

2019年10月28日

こんにちは、ほうりです。

ひたすら寝たい女子にうってつけ!札幌市手稲区のちょい寝ホテルレポに書いた通り、2019年2月に札幌市手稲区に誕生したちょい寝ホテルは、寝ることに特化したカプセルホテルです。

このちょい寝ホテルは、宿泊プランだけではなく「ちょい寝DAY」と呼ばれるデイユースプランも用意されています。

今回私は昼にぐっすりと眠りたいため「ちょい寝DAY」を利用しましたが、こちらも非常にお得な内容でした!

昼間から利用できるデイユース「ちょい寝DAY」、果たしてどれほどお得なのかについて、今回はまとめてみました!

ちょい寝DAYのポイント① 最大4時間利用で1000円の値段設定

ちょい寝ホテルの宿泊プラン「ちょい寝 NIGHT」はチェックインが18時から23時(23時以降は要連絡)で、様々なプランが実施されていて、価格も多様に設定されています。

対して「ちょい寝 DAY」は昼の12時から16時までの最大4時間滞在できて、価格は1000円(税込)といった実にシンプルな値段と時間設定になっています。

寝ることに特化したちょい寝ホテルは、漫画とかパソコンとか気を散らせるものは何も置いていないので、ゆっくり体を休めて眠るという自身の決意だけで、1000円で4時間の間、静かにお昼寝ができる環境を手に入れることが出来ます。

ちょい寝DAYのポイント② 早ければ早いほど上か下かを選べる

ちょい寝ホテルの宿泊プランはアップグレードプラン等ではない限り、上段のエコノミーは平日:2980円(税別)、土休日前:3980円(税別)下段のデラックスは平日:3980円(税別)、土休日前:4980円(税別)と、上と下で値段が分かれているので、予約の段階で上段(エコノミー)か下段(デラックス)を選ぶことになります。

しかしちょい寝DAYの場合、早く着いた順から上段か下段を選ぶことが出きます。

ひたすら寝たい女子にうってつけ!札幌市手稲区のちょい寝ホテルレポにも書いた通り、上段と下段でそれぞれメリットがあるので、好みのタイプを選んで休むことが出来るのは、地味にありがたいシステムだなと思いました。

ちょい寝DAYのポイント③シャワーやラウンジが無料で使える

宿泊プランであるちょい寝NIGHTでは、シャワーやラウンジが無料で使えますが、それはデイユースであるちょい寝DAYも同様です。

今回は割と早い時間に到着したため、従来のチェックイン時間よりもちょっと前に入れてもらえたのですが、その時間帯に誰もシャワーを使っていなかったのですぐに使わせて貰いました。

昼間から汗を流し、そして調達してきた昼食を見晴らしのいいラウンジで食べて満腹になったところで好みのタイプのカプセルベッドで眠るという最高の贅沢をさせて貰いました。

しかしこれほどお得なちょい寝ホテルのデイユース「ちょい寝DAY」ですが、宿泊プランと勝手が違うところがあるので、注意が必要です。

ちょい寝DAYを利用する場合の注意事項

ロッカー・貴重品ボックスが使えない

ちょい寝DAYでは上段と下段のカプセルルームを先着順で選ぶことが出来ますが、あくまで選べるのはカプセルルームであって、オプションで使えるロッカーや貴重品ボックスは、今のところ宿泊者が優先されています。

ですので着替えや貴重品の管理は各々で行う必要があります。

ただ、ちょい寝ホテルのマスターにこのことについて質問したところ、「番号が空欄の貴重品ボックスやロッカーはデイユース専用にしようと考えているんだよね」という答えが返ってきましたので、もしかしたらデイユース専用のロッカーや貴重品ボックスが設置されるかもしれません。

また着替えに関しては更衣室もすぐそばに設けられていて、こちらはデイユース利用者も自由に使えるので、エコノミールームで座って着替えるのは大変だという人はそちらを利用するのをお勧めします。

ちょい寝ホテルデイユース「ちょい寝DAY」について まとめ


いかがでしたでしょうか?

たまの休日で家でゆっくり昼寝をしようとしても、周囲の環境によっては中々眠れず余計にストレスがたまったり、昼寝する暇があるなら、他にやりたいことを優先していて、気づけばゆっくり休めずに休日が終わってしまい疲れがリセットできないまま仕事に向かうという人は多いと思います。

ちょい寝ホテルのデイユース「ちょい寝DAY」は日常の喧騒を忘れさせてくれるほど静かな環境で、余計なものが何もないので「ただ寝に来る」にはとてもうってつけの環境です。

夜の眠りよりも昼寝の方が気持ちがいいですし、秘密基地や海外の屋根裏部屋のような雰囲気の部屋で見る夢もまた違ってくるかもしれません。

スマホやゲームや本など余計なものを持たないで、ただ寝ることに集中する環境が整っているちょい寝ホテルで、シャワーを浴びてさっぱりした心地よい気分のまま、贅沢な昼寝の時間を体感してみませんか?

ちょい寝ホテルデイユース「ちょい寝DAY」は当日の受付も可能ですが、電話での事前問い合わせがお勧め
011-688-8707

旅行サイト経由での予約で、ちょい寝ホテルデイユース「ちょい寝DAY」をよりお得に!

じゃらん
リクルートポイント、Pontaポイントを貯めている人におすすめ!

楽天トラベル
楽天ユーザーの人におすすめ!

Yahoo!トラベル
Tポイントの還元率が高いのでおすすめ!

ちょい寝ホテル札幌手稲

札幌市手稲区富丘3条7丁目1‐58

​国道5号線沿

sapporoteine@choinehotels.com

Tel: 011-688-8707

Fax: 011-688-8708

引用元:ちょい寝ホテル 札幌手稲

 

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村


旅館・ホテルランキング